実例・お客様の声

お客様の許可を得て掲載しています。許可なく写真やご感想を掲載することはありませんのでご安心ください。

なお、写真や文章の転用等は固くお断りいたします。

お片付け実例


-小学生低学年のお子様のクローゼットのお片付け

【作業前】


お子様と一緒にお片付けの作業を行いました。


身長がまだ届かないため、中段の棚がうまく使えていませんでした。

ハンガーポールに戻せないため、中段の棚にものを置いてしまいます。

引き出しに戻すのもまだ難しいようです。

【作業中】

持ち主でいらっしゃるお子様に、ものの要不要をお聞きしながら、ひとつひとつ作業を行っていきました。

こちらも驚くくらい自分に必要と思うものをご存じで、すぐに判断されていました。


ここなら手が届く

これなら戻しやすい


毎日の使い勝手を良くするために、実際にものを出す、しまうのシミュレーションをしていただきました。

【作業後】

①作品を収める棚

一番上の棚は、作品を収めていました。こちらはお母さまに選んでいただきました。


②OFFシーズンの洋服

届かなかったハンガーポールには、OFFシーズンの洋服を収めました。


③バッグ類

取り出しやすく戻しやすい場所に頻繁に出し入れするバッグ類を置きました。

④ONシーズンの洋服

お子様の身長に合わせて下段に突っ張り棒を増設、ハンガー収納にしました。上下段の入れ替えで衣替えが完了します。


⑤靴下・インナー類

引き出し収納をやめ、上からのぞいてものを取り出せるようにしました。


⑥季節物

水着などの夏物、マフラーなどの冬物、季節で使うものを収めています。学用品もこちらにまとめてあります。

お子様の成長に合わせて、上段・下段を使い分け、衣替えも上下段を入れ替えるだけで完了するようにしています。

洋服の収納も、お子様の使いやすさを優先に、ハンガーで掛けることにしました。

学校に持って行ったりする学用品は、置き場所に困りがち。

その場所も決めておくことで、散らかりにくく、必要な時に持ち出すことができます。

お子様自身で学用品はここ、季節のものはここ、とわかることが毎日の使いやすさにつながっていきます。


一目瞭然で、アクション数の少ない仕組みにする事で、お子様が『自分でできる』クローゼットになりました。



お客様の声


いつか使うかもしれない荷物ばかりで床が見えなかった部屋が、物を選別し、信じられないほど片付きました!

-専業主婦


とても丁寧に、でも気さくに接していただけるのでやり易いのが一番です。

-会社員女性



取捨選択を無理強いしないので自分でしっかり決めることができました。

-会社員女性



赤ちゃんがいてなかなか自分1人では着手できないところも手を入れることができ、ストレスフリーになり気持ちがいいです。

-小さなお子様お二人のお母さま



ストレスに慣れてしまったけれど「そういえば、こういう時面倒だったんだよなぁ・・・」ということが解消されていくのが実感できてとても嬉しい。

-会社員女性



リサイクルなどの提案もいただき、捨てる罪悪感から解放されました。

-専業主婦



溢れていたものが終了時にはスッキリ収まり、気持ちがとてもほっとしました。

-専業主婦



どんな些細な事にもきちんと丁寧に答えてくれるので、遠慮なく相談できました。

-会社員女性